エチニルエストラジオールと生理痛の改善効果

エチニルエストラジオールは、人工的に生成された、女性の卵胞ホルモン、すなわちエストロゲンと同じはたらきをもった物質のことをいいます。
このエチニルエストラジオールを配合している薬としては、計画的な避妊を目的とした女性用のピルなどが代表的なものであり、他にも女性のためのホルモン療法の薬や、前立腺がんや乳がんを治療するための薬などが知られています。
エチニルエストラジオールは、女性の体内にある天然のエストロゲンよりも強い作用があるとされており、微量であってもすぐれた効果が期待できます。
エチニルエストラジオールを避妊用ピルとして利用する場合ですが、この物質が微量に含まれた錠剤を、毎日きまった時間に飲むことによって、体内でのエストロゲンの濃度が一定に保たれるようになります。
そのことによって、受精卵が着床することに備えて子宮内膜が成熟して厚みを増すなどの現象がなくなり、妊娠が阻止されるというしくみになっています。
この子宮内膜の成熟などによって、女性の一部には生理痛が生じることがありますが、エチニルエストラジオールの服用は、この生理痛を改善する目的でも効果があります。
より正確にいえば、避妊用ピルの効果効能としては、正式には避妊だけとなっていますが、それ以外の副効用として、この生理痛の改善効果が認められているということになります。
そのため、避妊を目的とはせず、医師の指導のもので、避妊用ピルを生理痛の改善のために服用する場合もあり、ほかにも月経前症候群の精神的または忍耐的なさまざまな症状の改善などにも効果があるとされています。
もちろん、避妊用のピルではなく、はじめから女性ホルモン療法の薬として製造されているものもあります。