生理痛など医師に相談しエチニルエストラジオール

生理について悩まされている女性は多いです。
生理痛が重い女性は、日常生活にもかなり影響を及ぼしてしまうなど大変なものです。
なかなか人に相談しても解決することではないので、深刻な時はやはり医師に相談するのが得策です。
生理痛の相談を医師にした時に処方される薬にドロスピレノン・エチニルエストラジオールというものがあります。
これは、いわゆる低用量ピルと呼ばれるEP配合剤の仲間になっていてドロスピレノン・エチニルエストラジオールは2つの有効成分を配合させた薬になっています。
エチニルエストラジオールというのは、卵胞ホルモンになっていて含有量は国内最低の0.02mgになっています。
この超低用量にしてあることによって、副作用の軽減と通常であれば7日必要な休薬期間を4日に短縮することが可能になっています。
この休薬期間の短縮によって、ホルモン消退時の腹痛や頭痛などの症状が軽減されます。
黄体ホルモンとして採用されているのがドロスピレノンです。
このドロスピレノンは、第3世代の新規黄体ホルモン薬となっています。
特徴としては男性ホルモン様作用がほとんどないということと、弱い利尿作用を持っているということです。
これによって、ニキビやむくみなどにも効果があるので人気になっています。
いわゆる低用量ピルの仲間で、欧米では経口避妊薬やニキビの治療薬としても認可されている薬ですが、これらの症状に関しては日本では未承認となっている状況です。
ドロスピレノン・エチニルエストラジオールの使用方法は、一般的な低用量ピルとほぼ同じです。
1日1錠を毎日一定の時刻に定められた順に従って、1セット28日飲み続けそれを繰り返していく形になります。