エチニルエストラジオールが配合されてる薬

エチニルエストラジオールは合成エストロゲン薬に分類される薬剤であり、その内実は女性ホルモンの配合薬となっています。 主な用途としては、前立腺癌及び乳癌のホルモン療法における処方です。 前立腺癌の場合は男性ホルモンの働きを低下させる事によって、乳癌の場合には体内から分泌されるエストロゲンの割合を低下させる事によって、其々のがんの進行を抑える役割を果たします。 前述した癌は性別による発生率が圧倒的に異なるものであり、双方に処方出来るという事は性別を問わずに使用出来る薬剤という事の証明でもあって、この点に薬剤としての有意性があります。 但し特に乳がんについては、処方によって症状を悪化させるタイプの癌もある事から使用には慎重な姿勢が求められる薬剤でもあります。 また近年では、癌治療以外にもその用途が広がっています。 作用の1つである男性ホルモンの働きの低下は、男性ホルモンによる脱毛・薄毛の解消にも繋がる可能性がある事から、育毛剤の有効成分として使用されるケースがあります。 加えてより強く作用させる事で肉体を女性化させる薬剤としても利用出来る為、肉体的に男性として生まれた場合の性同一障害の治療に使われるケースもあります。
Read More