エチニルエストラジオールの副作用

ガンの治療は日進月歩で、かつては難しかった治療も行えるようになっています。 ガンの治療でいつも問題になるのが、抗がん剤による副作用です。 せっかくガンは退治できても、抗がん剤の副作用で体力がもたずに亡くなる人は相変わらず多いのです。 最近増えているものに前立腺ガンがあります。 この治療薬として注目を浴びているのが、エチニルエストラジオールというホルモン剤です。 これは卵胞ホルモン剤の一つで、男性ホルモンの働きを抑える作用があります。 この男性ホルモンをアンドロゲンといい、これが増殖すると前立腺ガンになります。 そのためエチニルエストラジオールを服用すれば効果が発揮されます。 また女性の閉経後の末期乳がんの治療にも使われる薬です。 主な副作用としては、心筋梗塞や脳梗塞などの血栓症を起こすことがあります。 一般的には発疹などの過敏症が現れるのですが、吐き気や嘔吐、乳房の腫れ、肝機能の低下、血圧上昇、頭痛、倦怠感などが表れる場合もあります。 エチニルエストラジオールの使用には注意が必要で、子宮癌や子宮筋腫などではガンが悪化する場合もあるのです。 特にインスリンなどの血糖降下薬と併用すると、薬の効果が低下してしまいます。
Read More

ピルに含まれる有効成分

現在はこの日本でもピルを服用している人が非常に多くなりました。 この薬を服用する目的は、避妊に限ったものではありません。 生理時の痛みを軽減することができるほか、肌荒れや生理の周期を整えるという効果もあるのです。 ピルの成分はエストロゲンとプロゲステロンです。 これらの有効成分が排卵や妊娠のシステムをコントロールすることで体調管理を行い、脳の視床下部や下垂体に作用して疑似的な妊娠状態を作り出すのです。 その結果、妊娠を防ぐことが可能になります。 またこれを服用すれば、子宮の入り口の子宮頸管の粘液を濃くすることができるため精子が子宮に入り込むことを防ぐことができます。 そしてもしも受精をしても子宮内膜の増殖を抑えることで、受精卵の着床を防ぎ妊娠をしないようにすることが可能になるのです。 ピルの避妊率は非常に高く、コンドームよりも確実な効果を得ることができます。 コンドームは男性任せの避妊になりがちですが、ピルは女性が主体となってできるものであるため望まない妊娠やそれに伴う中絶手術等を防ぐという効果もあります。 ピルは擬似的な妊娠状態を作り出すため、場合によっては吐き気や不正出血をいったつわりの様な症状が出る場合もあります。
Read More

ピルとしてのエチニルエストラジオール

エチニルエストラジオールは避妊薬のピルの一種です。 エチニルエストラジオールは脳下垂体に刺激を与えることにより、黄体形成ホルモンや卵胞刺激ホルモンの分泌を抑制することにより、避妊することができます。 避妊だけでなく、生理痛を緩和することもできます。 エチニルエストラジオールを入手するためには、医師の診察を受け、医師に処方箋を書いてもらうことが必要になります。 確実に避妊するためには、必要量を継続して服用することが必要になりますので、医師の指示に従って、服用をすることが大事です。 一般的には、月経が始まった日から、同一時間帯に28日間連続して服用することになります。 飲み忘れたことに気がついた時には直ちに服用して、同一時間帯にもう一度服用することが必要です。 2日連続して飲み忘れてしまった場合には、避妊することができなくなります。 服用に際しての注意点は、副作用として血栓症になる場合がありますので、胸や下肢などに痛みを感じた時には、直ちに服用を中止して、医師の診察を受けることが必要です。 他の医薬品との飲み合わせによっては、副作用の危険がありますので、普段から服用している医薬品を医師に報告することが必要です。
Read More