月経前症候群改善やがん予防はエチニルエストラジオール

エチニルエストラジオールは強力な卵胞ホルモン剤の一つで、女性ホルモンを補うことができます。そのため主に経口避妊薬に使用されています。経口避妊薬は卵胞ホルモンと黄体ホルモンをうまく配合することで排卵を抑制したり受精卵が子宮内膜に着床するのを防ぐため、避妊効果が得られるのです。ピルには月経前症候群の症状を改善する効果もあるのですが、それもこのエチニルエストラジオールの効果なのです。月経前症候群はホルモンが原因で起こるとされています。 またエチニルエストラジオールを補充すると、子宮が休止した状態になります。子宮が休止状態になると子宮頸がんや卵巣がんの発生を防ぐことになります。 女性ホルモンを補充することで得られる効果はほかにもたくさんあります。まず更年期障害の改善です。更年期障害は加齢で卵巣の機能が低下し、ホルモンバランスがくずれるために起こるとされています。そのため女性ホルモンを補充してあげることで改善がみられるのです。また骨粗しょう症も女性ホルモンの低下により骨密度が低下して起こるとされています。女性ホルモン剤であるエチニルエストラジオ―ルは骨粗しょう症にも効果を発揮するのです。 また女性ホルモンが活発になると反対に男性ホルモンの働きが抑制されます。その働きを利用して、男性ホルモンが原因となるがん、前立腺がんの治療に使われているのです。また、薄毛や抜け毛に悩む方がいらっしゃると思います。女性ホルモンが髪の毛が抜けるのを防いでくれるためエチニルエストラジオールは抜け毛に悩む方にも効果的なのです。 このように月経前症候群やがん予防などに効果のあるエチニルエストラジオールですが、副作用もないとはいえません。副作用として発疹や吐き気、頭痛や肝機能の低下などが確認されています。
Read More